子供部屋の共犯者

フランスの詩人ジャン・コクトーが、阿片中毒の療養中、二週間で書き上げたといわれる小説「恐るべき子供たち」。
本作では、物語に登場する4人の少年少女に焦点を当て、彼らの「秘密」や「罪」を楽曲によって描き出します。


「恐るべき子供たち」あらすじ
パリに暮らす少年ポールは、崇拝する同級生ダルジュロスが投げた雪玉で負傷し、長い療養生活を送ることになる。
姉のエリザベートと共に、空想に満ちた「子供部屋」の世界に浸るポールだったが、 ダルジュロスによく似た少女・アガートとの出会いから、 「子供部屋」の崩壊が始まっていく。

「子供部屋の共犯者」


At the Garretの6thアルバム。

全6曲構成(語りトラック2+歌曲トラック4)

2020年M3春(3月1日)頒布開始予定

イベント頒布価格
800円

スペース
第一展示場 I-10a「At the Garret」

会場先着特典

小さな「子供たち」缶バッジ
子供たち4種+シークレット1種(※数量限定・お一人様一点。ランダム配布となります)

同時頒布作品
Papier colle \700(2019年M3春)
石の花 ¥500(2017M3秋)
屋根裏美術館-West Wing- ¥800(2016M3秋)
白鳥の城 ¥700(2013M3秋)

通販予約受付

BOOTH  メロンブックス

現物の通販予約をこちらのサイトにて承っております。
発送予定は3月4日(水)となります。是非ご利用くださいませ。

試聴動画

クロスフェード

1.子供部屋の概念 Ⅰ


2.降り止まぬ雪に寄す


3.この小さな王国で


4.殉教


5.嘘の糸を手繰れば


6.子供部屋の概念 Ⅱ



ポール
物語の主人公。
母の莫大な遺産を継ぎ、姉のエリザベートと誰からも干渉されない生活を送る。

アガート
エリザベートの友人。彼女の誘いで、姉弟の屋敷に住むことになる。
ポールが憧れる少年「ダルジュロス」に似ている。

ジェラール
ポールの親友。姉弟の生活を親身に支える。
エリザベートに思いを寄せる。

エリザベート
ポールの姉。弟を誰よりも愛しており、また執着している。

キャスト
ポール(Tr.2):彩透瑠津
アガート(Tr.3):桃羽こと
ジェラール(Tr.4):橘こむぎ
エリザベート(Tr.5):鹿伽あかり

子供部屋の××(Tr.1,6):霧夜純



制作
At the Garret

作編曲・作詞
霧夜純

ミックス(Tr.2~5)
FuMay

ジャケットイラスト・動画
ぶるめ

効果音素材
ポケットサウンド
Otologic

小バナー





大バナー





URL:http://atthegarret.web.fc2.com/enfants.html

inserted by FC2 system